首イボが出来る原因と治療法

首に小さめのイボが出来るのは目立つ部分だけに嫌ですね。

 

私も経験したので書いておきますね!

 

これは首イボと呼ばれている物で、特に加齢に依って出来るものなので、50代以降の人に出来ることが多いです。

 

原因は肌のターンオーバーの狂い。

 

本当なら28日間で生まれ変わる肌ですが、加齢と共にこのターンオーバーの周期が狂ってしまう事で、古い角質が皮膚表面に溜まってしまいイボになってしまいます。

 

という事は、この首イボは若い人でも出来る可能性がある事がわかりますか?

 

肌のターンオーバーは睡眠不足や食生活の乱れ、そして何より紫外線の影響で狂いがちです。

 

ですから、首イボは老人性の物と決めつけず、20代や30代の人でも肌本来の生まれ変わりの力を落とさないように、又紫外線対策をしっかりとしましょう。

 

首イボの治療は殆どの場合、ー196℃の液体窒素をイボに塗り焼き切ることが多いです。

 

これには保険が効くことが多いので治療代が安く、一度か、それで取れなければ二度位の通院でイボは取れます。

 

又、レーザーでイボを取る方法もあります。

 

これは首という人目に付く部位なので、皮膚科より形成外科で受けた方が良いでしょう。

 

イボが丸ごとスッキリ取れるので、保険が効いても7~8千円位掛かりますが(イボの数が多いともう少し掛かります)利用する人が多い治療法です。

 

麻酔も使いますから、痛みもありません。

 

それでも皮膚科や形成外科に行く時間がないと言う人や、病院が苦手と言う人も多いと思います。

 

どちらかと言うと私もそっちの部類に該当しますので、私はイボ専用化粧品で4ヶ月かけて首イボを取りました。

 

参考にしたサイトはhttps://首イボ取り方.net/で、イボに効果的なヨクイニンと言う成分がイボ取り効果があるとのことでした。

 

自宅ケアで首イボを取りたい方は是非参考にしてみてください。